【新潟 カウンセリング】 いじめ自殺の裁判を傍聴しました

query_builder 2021/09/16
ブログ
IMG_20210915_162616

昨日生まれて初めて

裁判の傍聴席に着きました。


5年前になろうとしている

友人のお子さんの自殺。

理由は遺書に「いじめ」と書いていありました。


私はその件に

友人として

カウンセラーとして

現役の教員として

ずいぶん深くかかわってきました。


当時の校長や担任の先生に会いました。

教頭・副校長先生にも会いました。

加害と言われる親子にも

全て会いました。


学校全職員にも会いました。

最後には

当該クラスに講演も行いました。


その裁判です。

証人が立ち

弁護士が質問をし

裁判官が質問し

被害者の保護者(友人)が心情を語りました。


何年経っても

被害を受けた保護者の心の傷は

ふさぎようがありません。


何年経っても

学校の対応の悪さを

教師は償いようもありません。


そこにいて

心がつぶれるような思いがしました。


「なぜ加害の生徒らを訴えなかったのですか?」

という弁護士の質問に

友人は

「彼らも被害者です。

学校がきちんとした対応をし

きちんと導かれていたなら

加害者になって苦しむこともなかったと思うからです。」

と答えました。


私たち教員は不測の事態に遭遇することがあります。

その時に慎重を期すること

あらゆる危機意識のもと動くこと

組織で共有すること

常に生徒の声に耳を傾けること

それが最重要で

命という不可逆性の有限性を

常に尊重しなければならない。

そう肝に銘じました。


ただ

そんな経験を

そんな思いを

もっている教員はどのくらいいるでしょうか。


私は幸い?

息子がいじめられたことで

常に持たざるを得なかったのですが。

NEW

  • 【新潟 カウンセリング】見た目とカウンセリング効果

    query_builder 2021/10/24
  • 【新潟 カウンセリング】 サイコドラマ宿泊ワーク11月

    query_builder 2021/10/23
  • 【新潟 カウンセリング】 中学生のカウンセリング~私推薦ダメかな⑤完結編

    query_builder 2021/10/21
  • 【新潟 カウンセリング】 中学生のカウンセリング~私推薦ダメかな④

    query_builder 2021/10/21
  • 【新潟 カウンセリング】 中学生のカウンセリング~私推薦ダメかな③

    query_builder 2021/10/21

CATEGORY

ARCHIVE