不登校は母親のせい? 違います②【新潟 カウンセリング】

query_builder 2022/04/14
ブログ
15

不登校や学校不適応の要因は

やはり環境によるものが大きく占めていると思います。


②環境(含人間関係)によるもの


感受性は一人一人違います。

同じものを見ても

好きか嫌いかは分かれるもの。

その時はそれが好きではない子どもの気持ちに寄り添い

しっかりじっくり気持ちを聴くこと。

傾聴力が必要です。

その上で環境を調整していくことが求められます。


こじれた人間関係を調整する能力も必須です。


つまり教師には

環境と人間関係を調整する

ケースワーカーとカウンセラーの

資質が求められるのです。

学級経営力と生徒指導力でしょうか。


でもそれが得意でない先生を責めないでください。

教師はそのほとんどを大学では学んできてはおらず

現場で苦労しながら身に付けていかなくてはならないからです。


***********************


②が要因の不登校は

私はなるべく学校に来させたいと考えます。

家にいて改善することではないからです。


登校して

教室が無理なら別室でもいい

信頼できる教師とつながる時間を持たなくては

前には進めないからです。

家にいるうちに本当に精神を

病んでしまうことすらあり得ます。


信頼できる教師とは

担任の先生に限りません。

担任の先生と関係を築けないなら

他の先生誰でもいいのです。

学校の資源を活用することです。


**************************


私が言いたかったことは

不登校など学校不適応は

ひとえにお母さんのせいではないということ。

どうか学校につながってほしいと切に願います。


NEW

  • 本当の気持ちを伝えることは大変だ【新潟 カウンセリング】 

    query_builder 2022/05/25
  • 気に入られたい症候群②【新潟 カウンセリング】 

    query_builder 2022/05/24
  • 人に気に入られたい症候群①【新潟 カウンセリング】 

    query_builder 2022/05/24
  • ハートエステサロン毬穂の強みはネットワーク力【新潟 カウンセリング】 

    query_builder 2022/05/22
  • 鬱や落ち込みに効くのは断捨離です【新潟 カウンセリング】 

    query_builder 2022/05/21

CATEGORY

ARCHIVE