教職員カウンセリング【新潟 カウンセリング】 
query_builder 2023/05/24
ブログ
a

学校の先生は

難しい仕事です。

私自身34年間勤めたからわかります。


うまくいかないときは

自身の心身の健康をも

崩壊させてしまうものです。


私自身

何度か精神科にお世話になりました。


********************


教師は感情労働です。

感情抜きにしてこの仕事はできません。

子どもたちの感情を受け止め

感情を穏やかに保つのが

大きな仕事です。

また

自身の感情を子どもたちに

適切に伝えることが必須です。

つまり

教師と子どもたちの間に

望ましい感情の行き来

信頼関係が生まれないと

この仕事は労が多いです。


信頼関係さえ築けてしまえば

見てなくても

心配はいらないのです。

見張られていると

きっと見えないところで

悪さをするのです。

信頼されていないと思うから。


********************


若き頃の私は

感情の受け止め方も

感情の表現の仕方も

わかりませんでした。


そんな重要なことを

どこでも学んでは来ていなかったからです。

学校では教えてくれません。


自分が試行錯誤し

すれ違って苦しい思いをしながら

体得していくしかないのです。


**********************


その部分において

丸腰のまま

教師は現場に放り込まれるわけです。

悩みます。

苦しみます。

相当数の若い教師が

志半ばで教職を去っている

それが現実です。


**********************


感情労働のシミュレーションができるところが必要です。

また

傷ついた時には癒してリカバリーする

感情の場(信頼できるコミュニティ)が必要です。


サイコドラマには

すべて用意されています。

NEW

  • 阿賀野市でおすすめのカウンセリングサービス!料金から評判まで徹底比較

    query_builder 2024/05/24
  • 双極性障害と向き合う:カウンセリングの選び方と治療の進め方

    query_builder 2024/05/18
  • 明日が来るのが怖い 【新潟 カウンセリング】 

    query_builder 2024/05/05
  • 心理カウンセリングとセラピーの違いとは?資格、効果、そして利用方法について詳しく解説

    query_builder 2024/05/12
  • カウンセリングの頻度ガイド:心理的な効果を最大化するための回数と期間

    query_builder 2024/05/06

CATEGORY

ARCHIVE